蜂の巣退治の適切な対処法~個体の種類や習性を把握~

巣を発見した時の効果的な対処法 巣を発見した時の効果的な対処法

引っ越し先で蜂の巣退治を行なう

ハチ

引っ越し先で蜂の巣を発見したら、毒の危険性から対処法に困ってしまいます。迅速に撤去するために、取るべき行動をこちらで説明します。

物件の管理会社に巣の存在を伝えてみる

原則的に、引っ越し先の敷地内に蜂の巣があったら、物件の所有者側で駆除を行なう義務が生じます。引っ越し先の物件の管理会社か物件のオーナーに蜂の巣がある旨を伝えれば、駆除のために動いてくれます。

駆除業者に蜂の巣撤去を依頼

もし、物件の管理会社やオーナーが蜂の巣撤去のために動いてくれなかったら、専門の駆除業者に依頼をしましょう。自力での駆除作業は、蜂の種類によっては危険が増すので、プロの手に委ねるのが得策です。 引っ越し先で、危険が伴う蜂の巣撤去は、個人で行なうより物件を管理する業者やオーナーか、駆除の専門業者に頼りましょう。

全ての蜂が危険という訳ではありません

蜂はいろんな種類があり、性格・習性が異なります。こちらで、攻撃性の強い種類とそうでない種類をチェックしてみましょう。

蜂に関する素朴な疑問

人を攻撃してくる蜂はどの種類の蜂ですか?
スズメバチは、攻撃本能が強いため、人にも容赦なく襲い掛かります。比較的大きめの体をしているのが特徴で、体調は最大40mmほどです。巣を防衛する本能が高いため、巣に近づくものは敵とみなし、強力な毒を飛ばす針で攻撃を加えます。
蜂ってどの種類も危険ではないのですか?
全ての種類の蜂が、危険という訳ではありません。アシナガバチのような穏やかで攻撃性は低めの種類もいます。比較的細身で体長は26mmほどとスズメバチと比べて小さめです。素早い動きが苦手なのが特徴です。容易に駆除できるタイプに見えますが、巣を守るための防衛・攻撃を加えます。

現存する蜂によっては、攻撃性の強い種類ばかりではなく、巣に近寄らない限り襲ってくる心配はありません。

TOPボタン