蜂の巣退治はお早めに~放置により近隣への悪影響をもたらす~

巣を発見した時の効果的な対処法 巣を発見した時の効果的な対処法

蜂の巣に近づくのはとても危険です

ハチ

蜂は、巣に近寄るものを敵とみなし攻撃を仕掛ける習性を持っているので、安易に巣へ近づくと、毒針で何度も攻撃されてしまいます。こちらでは、蜂の巣に近づきすぎたことで発生した被害について紹介します。

頻発する蜂の襲撃事件

巣の近くを通り抜けようとして蜂に刺される
蜂は、夏場が活発に動き回る時期だと思われますが、10月頃が危険です。巣が巨大化しやすく、警戒領域を広げるので、巣の近くを通っただけでも攻撃されやすいです。大きくなる分、危険性が増すので、蜂が巣を作っていたらすぐに駆除するのが望ましいです。
庭木や菜園を手入れしている時に蜂が攻撃
スズメバチは、種類によって見えにくい箇所に巣を作ります。庭木や菜園の手入れ中、知らないうちに巣を踏みつけてしまうこともあります。木や植物の手入れを行なう際、全体を見渡し蜂が頻繁に見かける箇所を確認してから作業しましょう。

蜂の巣は、放置し続けたら危険性を増すので、巣を見つけた時点で早急に駆除するのが望ましいです。

蜂から身を守るのに最適な対策

蜂から身を守るためには、服装などの変化をさせるのが有効です。こちらでは、蜂を引き寄せる服の色や使用を控えるべきものを説明します。

匂いの強いものを使用しない

蜜を好む蜂は、花やフルーツの匂いに引き寄せられます。そのため、外出時は花やフルーツの香り成分を使った香水や整髪料の使用を控えるのが望ましいです。蜂が寄りつくリスクを最小限に抑えられます。

薄い色の服を着用する

蜂は、色にも過剰に反応を示します。黒・赤・黄色など濃いタイプの色は、蜂を刺激してしまい刺される可能性を高めてしまいます。活発に活動する時期に被害を未然に防ぐためには、薄い色をした服を着るのが有効です。

TOPボタン