蜂の巣退治に役立つグッズと業者サービスをリサーチ!

巣を発見した時の効果的な対処法 巣を発見した時の効果的な対処法

引っ越しを行なう時は要注意~住宅周りに蜂の巣がある危険性~

ハチの巣

条件さえ整ってしまえば、一般の住宅や賃貸物件にも蜂の巣が作られます。引っ越しを行なう場合は、物件の環境は勿論、住宅周辺の情報を調べるのが望ましいです。こちらでは、蜂の巣ができやすい条件をチェックしましょう。

蜂が巣を作りやすい場所

住宅の換気扇や換気口部分
家の換気口は、蜂が侵入するのに十分な隙間があります。そこから屋根裏・床下に侵入して巣を作ります。
住宅の軒先
日陰部分にあたる住宅の軒下は雨風をしのげるのは勿論、外敵に発見されにくいので、巣作りに最適です。
雨戸の戸袋部分
長い間、動かしていない雨戸の戸袋部分は、巣を作るのに最適な環境が整っているので、うっかり動かすと集団で攻撃されます。
庭木や街路樹
生い茂った葉や枝が、ちょうどいい遮蔽物になるので、蜂の巣を作るのに最適な環境が整っています。

新生活をスタートする前に蜂の巣を探すなら、引っ越し先の住居は勿論、近所にある住宅や庭先、街路樹を確認しましょう。巣を見つけても、不用心に近寄るのは危険なので、駆除業者に相談をしましょう。

巣を見つけた場合は駆除を行なおう

もし、引っ越し先の住宅や近隣に蜂の巣があったら、退治に役立つグッズを揃えましょう。蜂の巣退治に有効なグッズを揃えておけば、手早く蜂の脅威を取り除けます。こちらでは、便利な蜂退治グッズを紹介します。

蜂の巣を退治する時に役立つアイテム

蜂専用の殺虫剤
ホームセンターなどで、スプレー式の殺虫剤が販売されています。購入する場合、ピレスロイド系のフタルスリンレスメトリン、レスメトリン入りがおすすめです。即効で効く殺虫成分なので、虫刺されリスクを少なくして蜂の巣を駆除しやすいです。
蜂を捕獲できるトラップ
ペットボトルを使った蜂駆除用トラップは、簡単に作れます。二度と出られないよう、入り口に返しを作ってから誘引剤を注ぐだけです。3月から6月頃までに蜂の巣ができやすいポイントに設置すれば、女王蜂を捕まえやすいです。

殺虫剤やトラップといったグッズを揃えれば、個人でも蜂の巣退治ができますが、退治の際に危険が付きまといます。身の安全を確保したいなら、専門業者に頼りましょう。

駆除業者に依頼を行なった方の感想を確認してみよう

迅速な対応で蜂の巣を撤去してくれました。(30代/男性)

引っ越し先のマンション近くにある木に、蜂の巣が見えたので恐怖を感じました。蜂に刺されるのが怖かったので、すぐに駆除業者へ相談しました。迅速に駆除してくれたので、今では安心して生活ができるようになりました。

自分で駆除を行なうのに不安を感じていました(30代/女性)

自宅にできた蜂の巣が、スズメバチが作ったものだったので、自分で駆除するのは危険だと感じました。やはり、危険な蜂の巣撤去はプロの業者に依頼した方が安全だと感じました。おかげで、今では蜂が来なくなりました。

蜂は種類によって、人を死に至らしめる猛毒を持っています。危険を回避するために、専門の駆除業者を利用するのが大切です。

TOPボタン